ホーム > ガイナとは > 夏・冬の効果

夏・冬の効果

夏の遮熱効果

冬の断熱効果

 

夏の遮熱効果

そのムダをカット!冷房費節約できます!  屋根にガイナを塗るだけ!

ガイナを塗ると太陽光線や熱エネルギーを跳ね返すため、屋根も熱くならず室温もあまりあがらず快適で冷房を抑えられ省エネができます。

実験! 夏・普通の瓦とガイナを塗った瓦を屋外暴露しました。

メディア紹介

フジテレビ放送「景気回復テレビ」でどちらが早く目玉焼きができるかという実験です。
白い方はガイナが塗ってありました。ガイナフライパンは触っても熱くない!という結果が!
ちなみに、左側の手が宮迫さん。右側の手が蛍原さんの手です。

ガイナは熱が伝わり難い材料

冬の断熱効果

 そのムダをカット!暖房費節約できます! 屋根にガイナを塗るだけ!

ガイナを塗ると冷たい熱エネルギーを跳ね返すため、屋根が冷たくならず、部屋の室温低下が抑えられ、最小限の暖房で快適に過ごせ、省エネができます。

実験! 冬:冷蔵庫に2種類の見本板を15分間入れてみました。

ガイナの不思議

屋根に夜露が降りない!?

前日に屋根の錆止めシーラーを塗り、一部分だけガイナを一回塗って帰りました。
翌朝、屋根に上り夜露の状況を見たときの写真がこれです。
なんと!ガイナを塗った部分だけ夜露が付着していなかったのです。凄いことだと思いませんか?なぜかというと…??
 
  • 夜間に気温が下がり、日中暖まった屋根が冷やされて未塗布の屋根には結露が発生しますが、ガイナ塗布面は夜間の熱流出が抑えられるため結露(夜露)が付着しなかった。
  • 通常、熱エネルギーの移動により温まった屋根と外気の接点で結露が起こるがガイナ塗装面が熱エネルギーの移動を抑制するため結露(夜露)が発生し難い。
  • ガイナの塗膜自体が熱エネルギーの影響を受け難く外気温と塗膜の温度差があまりないため、ガイナ塗装面には結露が付着しない。

ということで施工した直後のお施主様の感想は…?

まず冬のお風呂場で実感して頂きました、建物全体が暖かいからです。
また夏も外気の影響を受け難いため今までより涼しく過ごせます。

※追記:ガイナは結露が起き難い塗料ではありますが、絶対に起きないわけではありません。
室内でどうしても結露を防ぎたいという部位には「ノン結露」と言うタイプをお勧めします。また、ガイナは完全乾燥まで2ヶ月ほどかかります。ですから夜露が降りる時期の工事で施工直後に夜露が降りていることがあります、これはガイナ塗膜に水分が残っているため夜露の影響を受けてしまうためです。ただ、性能的には何ら問題はありませんのでご安心下さい。

新着情報

一覧を見る

2017/05/27

サビピカの販売を終了します。
暑い夏、寒い冬の現場で職人さんが屋根のボルトの錆び落としを
簡単にできるようにと考えて作ったサビピカですが、
都合により在庫限りで販売を終了します。
ご入用の方はお早めにご注文宜しくお願い致します。
尚、大きなサイズの物は特注にて承ります。

2015/02/19

ホームページにCM動画とガイナ漫画を追加しました。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
フリーアクセス 0800-200-3517